スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫歯で入院!?&全身麻酔で手術!?パート1

こんにちわ。管理人です。
実は私、8月19日と20日に全身麻酔で虫歯の治療と親知らずを抜くため県病(青森県立中央病院)に1泊2日で入院しました。

なので、これからどうして全身麻酔で治療することになったのか数回に分けてご紹介したいと思います。
みなさんの参考になればと思っています。



7月某日の朝、目覚めると右の歯に激痛が...

実は私、虫歯があると知っておきながら歯医者さんに行ってませんでした。
何故かと言うと長い間、口を開けて治療をしていると呼吸が苦しくなってしまうからです。

でも、何年か前に虫歯の治療をした時はあまり苦しくなかったので今回も大丈夫だろうと思い...
数日後、いざ行きつけの歯医者さんへ



まず治療台に座り...座ったと思ったら(歯のレントゲンを撮ります)と言われまた車椅子に移り...レントゲン室へ
(はぁ...最初からレントゲンを撮るのわかっていたら車椅子に乗ったままでよかったのに....)と思いました。

レントゲンの機械は高さを調節出来るようになっていて車椅子に乗ったままでも撮れました。
撮り終わったら先生から(右下の奥に虫歯と親知らずがあるから、長い間口を大きくあけて治療しないと出来ない。県病で全身麻酔をして治療するしかない。)と言われました。

人生初の全身麻酔をすることに自分は(えーマジで!!全身麻酔で落ちたら何か夢を見るのかな?)と思いました。

その後、診察台に戻り進行止めを付けてもらいその日の治療は終了。



待ち合い室で会計を待っていたら診察室から先生が紹介状を持ってきて(あとで県病に電話しておきます。)と言いました。
帰宅後、すぐに行きつけの歯医者の先生から電話が来て(まずは7月14日に県病に行って下さい。)とのことでした。
7月14日の模様はパート2にてご紹介したいと思いますので、お楽しみに!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。