FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

棟方志功記念館 バリアフリー調査

 先日、棟方志功記念館にバリアフリー調査へ行ってきました。

 まずは記念館のご説明を
場所は、青森自動車道青森中央インターから約15分のN
HK青森支社の近くにあります。
 開館時間は、午前9:30~午後5:00まで(ねぶた祭期間中8/2~7は午前9:00開館です。
 観覧料は、一般500円(400円)、大学生300円(200円)、高校生200円(100円)、小・中学生は無料  ※()は20名以上の団体料金です。

 棟方志功記念館は、青森が生んだ世界に誇る板画家・棟方志功の文化勲章受章を称え、その芸業を永く伝えるため青森県・青森市をはじめ多くの方々の協力のもとに昭和50年(1975)11月に開館しました。
P1090390_convert_20140605102906.jpg


次にバリアフリー調査のご報告を
駐車場は記念館の隣で、車椅子用のスペースが2か所ありました。

記念館の門から入り口までの道は石畳で、たまに車椅子の前輪がひっかかり走りづらかったです。
P1090396_convert_20140605103958.jpg

P1090397_convert_20140605104047.jpg

スロープのたもとに、車椅子用トイレがありました。車椅子用トイレの入り口の横にインターホンがあり、「スロープ使用の際、押して下さい」というご案内が書いてあります。中は狭くて車椅子に乗った状態だと手洗い場とトイレの水を流すレバーに手が届きませんでした。

2階の入口まではスロープがあります。斜度がきつく、後方に落ちて行ってしまいそうだったので、車椅子使用者1人だと危険だなと思いました。
P1090399_convert_20140605104231.jpg

館内は、じゅうたんが敷いてあり、多少のスロープや段差がありますが、電動車椅子だったのであまり不便は感じませんでした。

館内の普通のトイレがあったので車椅子使用者の調査員が入ってみたのですが、 狭くて段差があり、1人では出られませんでした。


車椅子使用者の調査員の感想
建物自体が古く、不便だなと思うところがあったけれど、介助者が同行すれば大丈夫だなと思いました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/06 08:47)

青森市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。