FC2ブログ

車いす利用者が一緒でないので、ちょっとだけバリアフリー調査 神奈川編

台風3号が温帯低気圧に変わった6月13日、神奈川県箱根町と鎌倉に出かけてきました。
6月13日(木)
小雨が煙る箱根湯本に、羽田からの直行バスで到着。駅は新しく、エレベーターが整備されています。電動車いす使用の数人のグループを見かけました。
国内でも有数の急勾配を昇る箱根登山電車でまずは強羅へ。咲き始めのアジサイが電車の両側を飾ります。強羅からはケーブルカーに乗り換えです。ケーブルカー自体がななめですが、ホームも急な坂になっているので、車いすだと落ちていかないように注意が必要です。この日はホームに降りたお父さんがベビーカーを必死で押さえてました。写真は強羅駅のケーブルカーホーム、上に行くに従って急なホームになります。終点の早雲山駅のホームは山登り状態です。
①箱根ケーブルカー
箱根は「エバンゲリオンの聖地」と呼ばれているとか。箱根湯本駅一階の「えう゛ぁ屋」にはここでしか買えないグッズがいっぱい。
②箱根湯本えば屋
箱根は山あいの古い温泉地です。宿は駅から徒歩3分の「水明荘」。玄関にスロープはありましたが急で、カート用みたいです。車いすでの利用は不可能かも。最上階(6階)の露天ぶろを楽しみました。青森から来た人が何人か仲居さんで働いているそうです。

6月14日(金)
 宿で合流した息子の車で東名高速の足柄SA(下り)へ。青森ではおめにかかれない大きなSAです。富士スピードウエイが近く、本物のレースカーが展示してありました。二階には温泉や足湯コーナーがありました。そしてなぜか北村隆のミニねぶたが。説明文を読んでこなかったので理由はわかりません。「ねぶた名人ですよ」と売店の人たちに言ってくれば良かったかな、なんて今頃思ってます。文化遺産に登録間近で「富士山」で盛り上がっていました。
③富士山
午後3時、鎌倉へ。鎌倉駅と江の島をつなぐ江の島電鉄(通称江の電)は、湘南の海と平行に続く住宅街をすれすれに走る3両編成の小さい電車です。観光客に人気で、この日も満員でした。
④江の電
長谷駅を降りて、海と反対側の緩い上りこう配の狭い道を10分ほど歩けば鎌倉大仏がいる高徳院が。道の両側には小さくておしゃれなカフェなど色々な店がぎっしり。ただ歩いているだけで楽しい気分になります。大仏さんは「ハンサム」といわれているそうですが、本当にいい男でした。
⑤大仏耳かきスタンド
 泊まったのは鎌倉プリンスホテル。私たちにはちょっと場違いなゴージャスなホテルでした。ホテル内は段差がなく、ドアが広めにできているので車いすの利用は可能です。全室オーシャンビューだそうです。朝食は和洋バイキング。鎌倉野菜や鎌倉ハムがおいしかったです。
⑥ホテルトイレ ⑦部屋
⑧ホテル洗面所 ⑨湘南の海

6月15日(土)
 9:30 ホテルを出て、坂道を下りていくと海にはサーファーが。七里ガ浜駅から江の電に乗り鎌倉へ。今日も観光客がいっぱいです。鎌倉駅から鶴岡八幡宮につづく小町通りが人気です。歩行者専用の狭い道の両側にびっしりとお店が並んでいます。ちょっとわきにそれたおしゃれなカフェで昼食をとりました。(おしゃれなカフェが好きな私です)鎌倉ハムサンド(ハムと野菜をはさんだだけ)1,000円 高い!昼から鎌倉ビールをいただきました(*^_^*)   (M)
⑩鎌倉小町通りカフェ
スポンサーサイト