FC2ブログ

車椅子でフェリーに乗って来ました!

車椅子でフェリーに乗ってきました!





新しいフェリーはエレベーターや、障害者用トイレがあるので車椅子のままでも安心して乗れます。










古いフェリーはエスカレーターしかありませんが、フェリーターミナル横の乗り場に着くので、ボーディングブリッジ
で車椅子のまま乗り降りが出来ます。










普通車ですが、フェリーに乗っている時、ハコタクに電話で予約すると、いくらか割引になるそうです。








帰る時に、古い函館駅でジャパンタクシーを見つけてフェリーはターミナルまで乗ったんですが、まだ運転手さんの講習が行っておらず、車椅子のままでは乗れませんでした。






それでも昔の函館より、車椅子で観光しやすい街になってきたなあと感じました!



スポンサーサイト

市営バスを使ってみた

6月某日。

初めて車椅子のまま乗る市営バスを予約して浅虫方面まで行ってきました。

五月後半に市営バスに問い合わせし、電話対応してくれた方もすごく親切で

行きの時間や帰りの時間も教えて下さって

私が質問した事に対しても親身になって対応してくれた気がします。

運転手さんがスロープを出して

乗り込む前に

『車椅子の方が乗るのでスペースを空けて頂けますか?』

と一言言うと、先に乗っていた乗客が下がったりしてスペースを空けてくれました。

コレは行きのバス

スロープが収納式のものでした。

コレは帰りのバス

スロープは外付けの物でした。

30年青森に住んでて、

市営バスを利用したことが無かったのですが、これから市内で遠出する時は、利用していきたいと思いました。

今までは

「予約しないといけない」=「めんどくさい」でしたが

今回利用してすごくいい印象を受けました。

ただ、車椅子を固定してもらうのに慣れてないのカナ?というのも感じました。

また使う機会を作って利用していきたいです。

虫歯で入院!?&全身麻酔で手術!?パート8

こんにちわ。管理人です。

虫歯で入院!?&全身麻酔で手術!?パート8の模様をご紹介したいと思います。



病室に戻ってきて数分後、自分のおばさんがお見舞いに来てくれました。

おばさんは来てすぐ、自分に(気持ち悪かったり吐き気しない?)と聞いてくれました。

自分は(ううん)と答えると、

おばさんは(いとこは盲腸の手術をした時に麻酔薬に負けて凄く吐き気をして大変だった)と話してくれました。

自分は全くと言っていいほど乗り物酔いしないので、だから吐き気がしないのかなと思っていました。

(仕事終わったらまた来るね)と言っておばさんは仕事に戻って行きました。



しばらく病室で寝ながらテレビを見ていると、またノドに血がたまり苦しくなりました。

自分は母に(ノドの血取って)と言ってガーゼで取ってもらいました。

数分後、また血がたまったので取ってもらいました。

1時間くらい繰り替えしたら血が止まりました。


夕方4時頃、看護婦さんから(吐き気がしなかったらもう水を飲んでもいいですよ)と言われました。

母が水を取りに行っている間、自分でベッドから起きようとすると頭と体がクラクラしました。

ベッドの柵につかまりながら起き、自分は(これが全身麻酔の副作用か)と思いました。

間もなくして母が戻って来て水を飲もうとしたその時、自分は頭の中にあることがよぎりました。


(ちょっと待て!!これ飲んだ瞬間、激痛がともなうんじゃね!?)


そんな心配をよそに母が自分の口にグイグイと水を運んでいきました。

自分はビビりながらゴクリと水をふくみましたが...無痛...

全く痛みはなく、半日ぶりの水だったのでなおさら美味しく感じました(笑)

自分の母も看護婦ですが、その時こう思いました。


青森の看護婦はみんな荒げねんだな(笑)


夕方5時過ぎ、夕食が運ばれてきました。

この日の夕食はおもゆというご飯のとぎ汁のような物が出てきました。

ご飯より味が薄いらしいので、家から持って来たふりかけをかけ、食べたというより飲みました。

痛みはなく、普通におかゆにふりかけをかけたような味がしました。

夕食を食べ終えて、1時間後に点滴が抜かれました。



夜8時頃、うとうとしながらテレビを見ていたら、仕事を終えた自分のおばさんがまたお見舞いに来てくれました。

おばさんは下の自販機からアイスを買ってきてくれました。

凄く嬉しかったけど、正直、、、

(アイスこそ激痛をともなうんじゃね?)と少し心配になりました。

(まあアイスだからまる飲みしても大丈夫だろう)と考え、食べてみることに

うん、、、さっぱりして美味しい(笑)

痛みはなく、無事に食べ終えることが出来ました。

おばさんが帰り、夜9時半ころ軽く痛くないように歯磨きをして寝ました。



翌朝6時半、看護婦さんが血圧と体温を測りに来たので目が覚めました。

寝起きだったため血圧は低く、体温は少し高めでしたが、

(病室の温度が高かったのと、夜中に1回も水を飲まなかったからかな)と思い、あまり心配しませんでした。


検温が終わり、ベッドから起き上がろうとすると腰に激痛が!

冷静になって考えてみると、

(ベッドがいつも使っている物より狭くて寝返りをうてなかったのと、マットレスが硬かったからかな)と思いました。



7時半ころ、朝食が運ばれてきました。

朝食はおかゆ、とろろ、ふりかけ、みそ汁でした。

1日半振りの白いご飯だったのでとても美味しく感じました(笑)



8時頃、先生が回診にきました。

口を開けて先生に見せると(出血はないみたね。痛みはない?)と聞かれました。

自分は(痛くないです。)と答えると、

先生は(歯周病になりやすいから頑張って歯磨きしてね。もう帰って大丈夫ですよ。また何かあったら来て下さい。)

と言い病室から出て行きました。

そして、荷物をまとめて家に帰りました。



治療を終えての感想は

呼吸をしながらの治療が出来ない自分にとっては、何回も病院に行っていろいろな検査をするのは大変ですが、

全身麻酔での歯科治療は自分にとってベストな治療法かなと思いました。

また全身麻酔での歯科治療を経験した人が少ないと思うので、自分の経験が参考になればなと思います。

というより虫歯にならないのが1番!

みなさん虫歯にならないようにしっかり歯磨きしてくださいね!



としめるはずでした、、、

ところがどっこい!!!

この記事を書き終える前の2016年6月、

なんと!再手術が決行されました!


おい!!マジかー!!



虫歯で入院!?&全身麻酔で手術!?(完)

在宅で歯の治療始めました。パート3

8月31日に治療した内容は、


歯茎の痛みがなくなった為、歯の形をとり、被せる物の形をとって終わりでした。



次の治療(被せて)で今回の在宅での歯の治療は終了ということになるそうです。



今回うまれて初めて在宅で治療をうけての感想は、



実際に病院に足を運んで、治療するよりも何倍もお金はかかるが、

私にとっては合った治療法を見つけることもできたのでよかったです。



歯の治療だけでなく、訪問治療してもらうというのも一つの手なんだなーっと感じました。



また在宅で治療してもらうことによって、周りの体の負担をへらすことや、

自分自身の緊張の軽減にもなるのでよかったです・

permobil製の電動車いす、登場!! 〜Part 2〜

昨日、写真がなかったものについての追加です。
これが、ハザードです。(ウィンカーもここが光ります。)

DSC_0108.jpg


ライトです。

DSC_0130.jpg
DSC_0131.jpg


スマホ台です。


DSC_0127.jpg